--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018/04/21 Sat  20:43
DJのアヴィーチーさんのご冥福を祈って

Aviciiさんのご冥福を祈って自分の好きなAviciiさんの曲を何曲か日記に。。。















天国でもいい曲をかけてる姿が。。。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽   ジャンル : 音楽

2012/04/03 Tue  00:35
2011年のK-POP、韓流人気を振り返る

吉本興業の99やダウンタウンが一生懸命メディアで進めていた少女時代、KARA、2NE1、BIGBANG等のK-POPはどの位、人気があったのかを調べてみました。

下記の表は一般社団法人日本レコード協会、2011年度音楽メディアユーザー実態調査報告書-公表版-の購入した新品CDアルバムのジャンルを元にして作成致しました。
K-POP,K-ROCKと合わしてありましたので他の日本、海外も合わせた数値です。
J-POP,J-ROCKの約7分の1の人気ですね。
洋楽、アニメソング、クラシックより人気が無いみたい。

TVメディア内部の人達と世間一般の人達と流行っているものの違いが明らかですね。
これ以上、テレビメディアの方々には流行ってると嘘を流して欲しくないと思います。

2011年購入した新品CDアルバムのジャンル

2011年度音楽メディアユーザー実態調査報告書-公表版-
http://www.riaj.or.jp/report/mediauser/pdf/softuser2011.pdf

備考:
※ダウンタウンに関しては数年前に自らK-POPカバー曲を韓国語で歌って発売。
 ヘイヘイヘイでも多数のK-POPを紹介。
(元祖K-POPと呼ばれているみたいですね。元祖K-POP ダウンタウンでぐぐってみたら一杯出てきた。)

ダウンタウン-マウヤケソ


ダウンタウン-オジャパメン



日本のレゲエ音楽

窪塚洋介-【卍Line】韻 DE KILL TV


テーマ : 音楽   ジャンル : 音楽

2012/02/05 Sun  03:07
5年前にどんな事が起きてたかというか書き込みがあったのか振り返る。

2007/08/31
初音ミク発売日

--------------
窪塚洋介と須藤元気のその後(122)

1 本当にあった怖い名無し 2007/09/16(日) 22:20:16 ID:qTt2+E000

窪塚洋介もマスコミに精神病扱いされた被害者の一人。
彼はある映画をきっかけに超在日、韓国嫌いになった。
彼の友人で映画の共演者である須藤元気もその一人。
窪塚は須藤元気の韓国人との試合に異例のセコンドに立ち、
その試合に須藤元気は韓国人をボコボコにKOした。
その後須藤元気は渋谷で謎の人物に刺される羽目になる。
一方窪塚はその後なぜか渋谷のハチ公前に強制的に行かされ
世界へいわー、ラブでピースな。。。
などと意味不明な言葉を渋谷のど真ん中で叫ばされている。
この模様はワイドショーで散々繰り返し報道され、
窪塚洋介=頭の逝かれたプッツン俳優のレッテルを貼られた。
なぜ窪塚が渋谷のど真ん中で世界平和を叫ぶのか?
なぜその場所にタイミング良く各テレビ局のカメラが集結してるのか?
誰でも解ること。

あの事件の後に須藤元気は毎回試合の後に世界平和のフラッグを掲げられている。

須藤元気はあの若さで引退し、哲学者を目指しているとの事。
平和こそが世界を救う
私の今までの仕事は人間の戦いを助長する物だった。
などと骨抜き状態にされている。

総レス数 122

http://hobby10.if.land.to/test/read.cgi/occult/1189948816/107

--------------

在日マスコミに嫌われると精神病にされちゃう件(139)

1 文責・名無しさん 2007/09/16(日) 01:17:32 ID:5BLcfaN90
日韓ワールドカップで韓国代表を批判した飯島愛
韓国人記者にキムチ野郎!と言った朝青龍
在日の天敵強硬派の安倍元首相

在日に嫌われるととことんメディアで批判され、精神病扱いされて引退させられちゃう

総レス数 139

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1189873052/

--------------

とここまで
以下は5年前とは関係ないもの

須藤元気(Genki Sudo)「WORLD ORDER」の"WORLD ORDER"
http://www.youtube.com/watch?v=NGdyaDnnrLM


須藤元気(Genki Sudo)「WORLD ORDER」の "2012"
http://www.youtube.com/watch?v=zlK5abIJRyM


窪塚洋介 - 【卍Line】韻 DE KILL TV
http://www.youtube.com/watch?v=d8yGVyOFR6Y


窪塚洋介 - 卍Line  日本のうた
http://www.youtube.com/watch?v=ZIZ-0qV1lxA


2011年3月11日 窪塚洋介からのメッセージ Long Ver.
http://www.youtube.com/watch?v=1pk5B2Zo0GQ


フカヨミ feat. 初音ミク
http://www.youtube.com/watch?v=cdsrDpDvt8k


Google Chrome: Hatsune Miku (初音ミク)
http://www.youtube.com/watch?v=MGt25mv4-2Q


[hatsune miku,len,rin,luka][MMD CUP 7 Final]Continuation of dream [English subtitles] [HD1080p]
http://www.youtube.com/watch?v=h_xHCx0Eqbg

テーマ : 音楽のある生活   ジャンル : 音楽

2012/01/18 Wed  22:55
初音ミクがロンドン五輪の開会式で歌う? 米投票サイトで1位に

ランキングサイトの初音ミクの英語コメントを翻訳してみるとそのうちノーベル平和賞でも取るんじゃないかと偉大な人物に思えてきます。
ファンからの投票が凄く感動します。他のアーティストと違って長文で高評価なのも特徴ですね^^
下のコメントを見ると英語、ロシア、中国、スペイン、フランス、アラブ、その他言語の初音ミク応援コメがあって平和だなって感じました。

and_162814.jpg

(RBB抜粋)
 投票によりさまざまなランキングを調査、発表しているアメリカのサイト「The top tens」で、日本のボーカロイド「初音ミク」が1位となっている。

 1位となっているのは、2012年ロンドン五輪のオープニングセレモニーで歌って欲しいアーティストのトップテン。初音ミクは人間のアーティストではないため一時リストから外されていたが、その後リストに復活。同時に快進撃が始まり、あっという間に1位にまでランクアップした。

 投票にはコメントも添えられており「ミクは音楽の未来を表現する」、「彼女は音楽の突破口として生まれた。オリンピックで歌う価値がある」といった意見が寄せられている。

http://www.rbbtoday.com/article/2012/01/18/85211.html

Hatsune Miku
http://www.the-top-tens.com/items/hatsune-miku-391821.asp

Singers You'd Like to Perform at the 2012 London Olympics Opening Ceremonies
http://www.the-top-tens.com/lists/singers-perform-london-olympics-opening-ceremonies.asp

その他の投票
Best Music Fan Bases
http://www.the-top-tens.com/lists/best-music-fan-bases.asp

またイギリスは産業革命の次の革命としてデザイン革命というのを行っています。
イギリスのデザイナーがデザインしたものとしてiPad、iPod、iPhone等、多数の有名な製品をデザインしています。
その分、流行には敏感で日本のマスコミより初音ミクを大分前から詳しく紹介してたりします^^
(日本のマスコミではTokyoMXが唯一、昔からきちんと紹介してますね)

イギリスの新聞の一面記事
d14e1b4f.jpg

ファッション雑誌の表紙
clash-magazine-issue-59-cover.jpg

【初音ミク】イギリスのプロ作曲・ロンドンエレクトリシティ


そのランキングサイトで色々と見てみたらいい曲があったので紹介

One Direction - Gotta Be You


Coldplay - Every Teardrop Is a Waterfall


Justin Bieber - One Less Lonely Girl


Tell Your World EP【初回限定盤CD+DVD】
http://hhn.jp/shop/asin/Blended/B006W5UZKM/

テーマ : 気になったニュース   ジャンル : ニュース

2012/01/14 Sat  21:55
ロンドンオリンピックオープニングセレモニー初音ミクのランキングについて

ロンドン五輪OPセレモニー初音ミクのランキングに
ついて22位まで上がって一旦ランキングから消されたみたいです。

日本なら過去にグーグル八分?とかいう事件があったらしいので
慣れているかもしれませんが世界のファンの方は慣れて無いみたいで
困惑した模様。そして慣れていない外国の方は行動に移し
ランキングから復活。
外国のファンは10代の女性が圧倒的に多いらしいので
もう誰にも止められないかも。。。
やっぱり女性を怒らせたらいけないなとつくづく思いました。

復活するまでのログが残っていたので記載、翻訳は抜粋。
(かなり誤訳していると思うのでgoogle翻訳とか使って各自見てみてください)

---------------------------
Fri Jan 13, 2012 3:27 pm
リストからMiku Hatsuneを取るべきではありませんでした。 勿論、彼女は「本当ではありません」、彼女が人間でないのにもかかわらずより多くの関心をオリンピックに追加するという意味で初めて、オリンピックでライブな状態で事実上の歌姫より多くの注目を得るのは何ですか? そのうえ、Mikuを技術が急速に展開していて、それが、私たちの世界がどれくらい現代になったかを示しています。 彼女は完全です! 同じくらいまたは、彼女はたぶん他のほとんどのパフォーマーより楽しませてくれます。
---------------------------
admin » Fri Jan 13, 2012 10:21 pm
私たちはリストからそれを取り除く前に、Mikuに投票した皆に謝ります。
(抜粋、admin謝罪後もおさまらなかった様子)
---------------------------
Fri Jan 13, 2012 11:05 pm
このリストがどんな種類の公式の手段にも使用さえされないので、あなたのサイトは彼女の取り外しで得るものは何もないです。 多くの非常に怒ったメッセージを除いて。

そして、最後に、Hatsune Mikuがリストにありませんでした。 Vocaloid共同体の中のあらゆる芸術家とファンの代理をするために、彼女はそのリストにいました。 彼女を外すのは、世界中の何百万人ものプロデューサーとファンを対象にした侮辱です。
---------------------------
by admin » Fri Jan 13, 2012 11:31 pm
「このリストがどんな種類の公式の手段にも使用さえされないので、あなたのサイトは彼女の取り外しで得るものは何もないです。」 「多くの非常に怒ったメッセージ。」

容易に今までのところされている中で最も合理的な議論。 私たちはこの考えに基づきMikuを復帰させるつもりです。
(抜粋)
---------------------------
(原文)
Vote Rigging/Choice Editing

(ランキング)
http://www.the-top-tens.com/lists/singers-perform-london-olympics-opening-ceremonies.asp

その他
初音ミクファンの男女比と年齢別
全世界の若い女の子に凄い人気ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/desaixjp/50929574.html

【初音ミク】イギリスのプロが作った作品-ロンドン・ エレクトリシティ-(ラウンド・ザ・ワールド)


ちなみにロンドンオリンピックの音楽監督は「Underworld」らしいのできっと今まで聞いた事が無い凄いオリンピックの音楽が聴けるかもしれないですね。凄い期待してたりします^^
十中八九無いと思いますがUnderworldの曲の感じからして復興関連のサプライズで初音ミクが少し出るかも知れませんね。例えばバックコーラスとか音源とか。。。

Underworld - Rez / Cowgirl (Live at Fuji Rock) (1999)


http://www.youtube.com/watch?v=uK7QrVQa7vE


Underworld - Born Slippy Nuxx (Live @ Zepp Tokyo 2010)


http://www.youtube.com/watch?v=fvc-zfK8G38

関連
k-popはこうやってカウントを稼いでるらしい。
相変わらず皆、1回ずつ投票してところを何回も投票出来るように設定とかこれは酷いなと。。。
韓国

Tell Your World EP【初回限定盤CD+DVD】
http://hhn.jp/shop/asin/Blended/B006W5UZKM/

テーマ : 音楽   ジャンル : 音楽

2012/01/08 Sun  00:10
【初音ミク】アメリカで歴史あるChicagoのSun-Times誌に載る

どうも載ったのはLAコンサートではなくシカゴのフィルムコンサートでの評価みたい。
しかもシカゴクラスの大都市での他のコンサートを抑え掲載されるとは凄いですね^^

「2. Paul Simon」「6. Paul McCartney」と一緒に紹介されてて驚きました。

--------------------
翻訳(間違えてたらごめんなさい)
11. Hatsune Miku, Nov. 10 at the AMC River East 21

間違いなく今年で最も珍しいコンサート、
劇場上映による日本のヒットチャートトップ歌手の、
「ライブパフォーマンス」は、
熱狂的で心をゆるがすような未来だった。

ライブバンドを背に、
ミクは歌い、踊り、飛び、衣装を変え、
あげくに性格さえ変えてみせた。

そう、彼女は人間じゃない、
コンピュータで生成された偶像、
3次元投影されサンプリングした声を持つ、
青い髪のティーンポップとビデオゲームのスターだ。

シアターの観客は、歓声を上げ、一緒に歌う。
あたかも全てが本物であるかのように。

でもこのネットで繋がった世界で、だれがリアルじゃないって言えるんだい?
--------------------

Let’s hear it ― The Best Concerts of 2011

By THOMAS CONNER tconner@suntimes.com December 28, 2011 5:18PM

Updated: December 30, 2011 5:30PM

Last March, on a panel at the South by Southwest music conference in Austin, Texas, veteran rock critic Ed Ward said, “I feel sorry for kids walking down the street with white ear buds. They think music takes place in their head. Music doesn’t take place in your head. It takes place in a room.” Indeed, in a world where we now watch more performances on devices in our laps and palms, it’s healthy to get off the couch every now and then and experience the vibrations from flesh and steel across the room rather than from a tiny, tinny speaker. Here are 11 shows from ’11 that were better for being there:

1. Adele, May 24 at the Riviera Theatre

This was Adele Adkins’ year ― at least at first. Her breakthrough breakup album, “21,” stormed the charts early in the calendar and kept retaking the top slot. The record had been certified platinum (it’s now up to 13 million sold worldwide) by the time she hit the road and arrived in Chicago for an adoring, sold-out intimate audience. With no theatrics other than the raw power of her voice, Adele belted song after song backed by a full band or sometimes just a pianist. However, she had tea handy and frequently held her hand cautiously to her throat. Just two weeks later, Adele canceled her tour because of throat problems. A rescheduled outing in the fall also was canceled because of health. We got lucky, Chicago. We saw her in her prime.

2. Paul Simon, May 16 at the Vic Theatre

A study of grace, Simon was positively buoyant as he took the stage of this intimate Chicago theater ― an extra show added to meet local demand after his Chicago Theatre concert the following night sold out so quickly. “I love playing in a club!” he enthused as he began his career-spanning set, from his folk-rock beginnings to his new album, “So Beautiful or So What.” He’ll likely be back in 2012 on a tour playing the “Graceland” album, but I’d be surprised if he returns as animated, giddy and upbeat as he was during this thrilling show.

3. Kanye West and Jay-Z, Nov. 30 at the United Center

So the album wasn’t great ― how could it possibly live up to the expectations? It was, however, a fantastic excuse for a joint tour. What these two megastars couldn’t ignite in the studio, they exploded on stage. Performing in Chicago at the same time he was being nominated for seven Grammys in Los Angeles, a manic Kanye West ran rings around his stoic partner and mentor, Jay-Z. The contrasts between them were stark and well-showcased, yet they also made a dynamic duo in several moments both poignant (“New Day”) and insane (the eight back-to-back performances of “Niggas in Paris”).

4. Janelle Monae, with Bruno Mars, May 27 at the Aragon Ballroom It was a double bill, but Monae went first ― and was a tough act for Mars to follow. While he’s the cocky and laid-back tunesmith, spinning melodious gold for himself and numerous other performers during the previous year, she’s the arty looker with the towering hairdo and so much more to prove. We’ve seen countless artists inhabit the James Brown persona ― but not many (if any) women, and the diminutive Monae wears the cape with confidence. Leading a costumed 15-piece ensemble, the seamlessly soulful Monae jittered and flailed and flung a lot of big ideas from her stunning sci-fi debut, “The ArchAndroid,” my pick for the best album of the previous year. Hood figures stalked the stage, laser lights fired, Monae even painted a canvas live on stage. Art rock, indeed.

5. Kids These Days, Aug. 5 at Lollapalooza in Grant Park

Eight members, all of them ages 18-19, half of them from Chicago’s Whitney Young High School ― Kids These Days were so excited to be playing Lollapalooza that they did so with the energy of the past three festivals combined. They earned their slot, though, with their potent cocktail of blues, hip-hop, funk, rock, jazz and most other genres except electronic (give them time). Rapper Vic Mensa led the frenzy, stage diving while the horn section blazed, and the hometown crowd went totally nuts. Look for their full-length debut this year, and watch for more local shows.

6. Paul McCartney, July 31 at Wrigley Field

We’re well past worrying about 64. McCartney, 69, hoofed it through a three-hour show, onstage the whole time, playing more than 30 songs. He certainly didn’t have to run through his entire catalog to please the adoring ballpark crowd, but why stop him when he’s still this focused, this engaged? Even a trifle like “Let ’Em In” came off with remarkable precision and timing. In for a “Penny Lane,” in for a pound ― Macca was loose, chatty and soloing like a much younger Beatle.

7. The Kills, May 4 at the Vic Theatre

Fresh and fully cocked, the Kills hit the stage with the simplicity their duo demands but the ferocity of four or five bigger bands. Providing a hot and dirty quickie, singer Alison Mosshart and Tommy-gun guitarist Jamie Hince rocked barely more than an hour (all hail the virtues of a sharp 80-minute set!) but plied every song with tantalizing tension. Wham, bam, next jam ― the urgency ratcheted up the electricity, and we were all spent by the encore.

8. OFF!, July 16 at the Pitchfork Music Festival in Union Park

Pitchfork delivered several great moments this year ― James Blake’s icy chill, tUnE-yArDs’ honking harmonies, Deerhunter’s squall, Cut Copy’s 18,000-person dance party ― but the most serrated set came from OFF!, an offshoot of the Circle Jerks. Led by a bug-eyed Keith Morris, the band slashed through the afternoon’s chillwave with a mere half hour of bracing hardcore and speed metal. “We’re gonna bring a different flavor to the party today,” Morris promised. And how.

9. Smashing Pumpkins, Oct. 14 at the Riviera Theatre

The smile on Billy Corgan’s cherub-rock face told the story. Tearing through a stacked set of album tracks, B-sides and new material, Corgan seemed unusually happy and thrilled by the more visceral moments in this monstrous set. There were many. Corgan and his current Pumpkins roster were loaded for bear during this perennial visit, shredding prog-rock solos and pummeling the poor theater. This was part of a short, 12-city jaunt; the band will be back in 2012 with a new album and subsequent tour.

10. Eddie Vedder, June 28 at the Chicago Theatre

Before reassembling Pearl Jam for the big 20th anniversary hootenanny over Labor Day weekend in Wisconsin, Evanston’s Eddie Vedder played two nights in town on his own ― an intimate set for an intimate instrument. Drawing from his recent set of “Ukulele Songs,” Vedder offered up a rewarding reacquaintance ― stalking the stage like Neil Young, grabbing stringed instruments and tossing off songs, building an intensity as he went.

11. Hatsune Miku, Nov. 10 at the AMC River East 21

Definitely the most unusual concert of the year (and possibly contrary to my opening sentiment above), this in-theater broadcast of a “live” performance by this Japanese chart-topper was both a fascinating and unsettling glimpse into the future. Backed by a live band, Miku sang, danced, flew, changed clothes, even swapped genders. She’s not human, you see ― she’s a computer-generated avatar, a three-dimensional projection of a blue-haired, teen pop and video-game star with a sampled voice. The theater audience cheered and sang along as if the whole thing were real, and in this wired world who’s to say it wasn’t?

Follow @chicagomusic

http://www.suntimes.com/entertainment/conner/9580849-452/lets-hear-it-the-best-concerts-of-2011.html

テーマ : 気になったニュース   ジャンル : ニュース

2012/01/06 Fri  12:55
テレビでやってたミクの日大感謝祭の視聴率

テレビでやってたミクの日大感謝祭の視聴率知りたいけど統計とってないのかな?
年末年始ひょっとしたらTokyoMX視聴率よかったかも。。。
---------------------------
12月31日(TokyoMXが無い)
17.6% 19:00-19:15 NHK NHKニュース7
35.2% 19:15-20:55 NHK 第62回NHK紅白歌合戦
41.6% 21:00-23:45 NHK 第62回NHK紅白歌合戦
16.6% 21:00-24:30 NTV ガキの使い大晦日年越しSP!!絶対に笑ってはいけない空港24時!!
*5.5% 19:00-21:00 EX__ そうだったのか!池上彰の学べるニュース 年またぎ7時間半特大スペシャル
*5.7% 21:00-23:45 EX__ そうだったのか!池上彰の学べるニュース 年またぎ7時間半特大スペシャル
*6.7% 18:00-19:40 TBS ビートたけしの勝手にスポーツ国民栄誉SHOW2011豪華アスリート総登場5時間半生放送SP
*6.4% 19:40-21:30 TBS ビートたけしの勝手にスポーツ国民栄誉SHOW2011豪華アスリート総登場5時間半生放送SP
*4.2% 21:30-23:00 TBS ビートたけしの勝手にスポーツ国民栄誉SHOW2011豪華アスリート総登場5時間半生放送SP
*8.0% 17:00-21:30 TX__ 第44回年忘れにっぽんの歌
*4.2% 21:30-23:30 TX__ "THE BEST OF BEST"ボクシングWタイトルマッチ
*5.7% 19:00-21:00 CX* 大晦日はマル・マル・モリ・モリ!爆笑そっくりものまね紅白歌合戦祭りだ祭りだスペシャル
*4.6% 21:00-23:45 CX* 大晦日はマル・マル・モリ・モリ!爆笑そっくりものまね紅白歌合戦祭りだ祭りだスペシャル
---------------------------
第62回NHK紅白歌合戦視聴率
前半:35.2%
後半:41.6%

歌手別
ベスト5
1位 48.2% 松任谷由実(2)「(みんなの)春よ、来い」
2位 47.3% SMAP(19)「SMAP AID 紅白SP」
3位 46.0% 長渕剛(3)「ひとつ」
4位 44.3% EXILE(7)「Rising Sun」
5位 44.2% 石川さゆり(34)「津軽海峡・冬景色」

ワースト5
1位 31.5% 川中美幸(24)「二輪車」
2位 32.7% AAA(2)「CALL」
3位 33.0% 西野カナ(2)「たとえ どんなに…」
4位 33.5% 東方神起(3)「Why?(Keep Your Head Down)」
5位 33.7% 浜崎あゆみ(13)「progress」

※()内は出場回数
---------------------------
ダウンタウン 松本 - フジテレビHEY!HEY!HEY!(HAN!HAN!HAN!)司会者
「お前らチャンネル変える能力もないんやな。どんだけ無能やねん(笑)」

ロンドンブーツ田村淳 
「(韓流の番組を)見ないと言う選択で良くない?」
「君の家…TVのチャンネル1個しかないの?あと電源切れないテレビなの?」

99 岡村
「嫌なら見るなや。は?ミステリー作家? 知らんわ、お前がミステリーやわ」

ビートたけし
「韓流ばかり放送するたってそれである程度視聴率取るんだからしょうがないよな。いやなら見なきゃいいんじゃねーか」

やしきたかじん
『(韓流番組が)イヤやったら観んとったらえぇんちゃうの』
---------------------------
2011年3月11日 窪塚洋介からのメッセージ Long Ver.


フジテレビに対するような歌
【卍Line】韻 DE KILL TV


【初音ミク】さよならぼくたちのてれびきょく【オリジナル】

---------------------------
「一番アカン日!」司会の今田耕司も嘆くフジテレビの大晦日は大コケ! 視聴率はまさかの一桁【話題】
2012年01月03日07時00分

提供:家電チャンネル

大晦日の視聴率が発表された。NHKの「 第62回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率は第一部では35.2%、第二部では41.6%だった。気になるのが紅白の裏番組。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP!!」(日本テレビ系)は第一部で18・7%、第二部が16・6%と健闘した。反対に数字が悪かったのがフジテレビの「大晦日はマル・マル・モリ・モリ!爆笑そっくりものまね紅白歌合戦祭りだ祭りだスペシャル」だ。第一部では5.7%、そして第二部では4.6%だった。そもそも、なぜ紅白歌合戦の裏番組でものまねだったのだろうか。

司会を担当したタレントの今田耕司は年明けに違う番組で、大晦日を振り返ってた。ものまね番組については「1年で1番やったらアカン日ですよ」とし、その理由として「裏で思いっきり本物出てる」とコメント。

これはすごく当たり前の意見に聞こえる。視聴者の意見とまったく同じだと言えるのではないだろうか。フジテレビと視聴者の感覚が少しずれているかもしれない、と感じた年越しだった。

livedoor ニュース
「一番アカン日!」司会の今田耕司も嘆くフジテレビの大晦日は大コケ! 視聴率はまさかの一桁【話題】
http://news.livedoor.com/article/detail/6163877/
---------------------------
どうやらフジテレビがガチで窮地らしい
2012年1月5日(木) PM 2:28

大晦日の視聴率が発表された。NHKの「 第62回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率は第一部では35.2%、第二部では41.6%だった。

反対に数字が悪かったのがフジテレビの「大晦日はマル・マル・モリ・モリ!爆笑そっくりものまね紅白歌合戦祭りだ祭りだスペシャル」だ。第一部では5.7%、そして第二部では4.6%だった。

▼フジテレビ「大晦日はマル・マル・モリ・モリ!爆笑そっくりものまね紅白歌合戦祭りだ祭りだスペシャル」

そもそも、なぜ紅白歌合戦の裏番組でものまねだったのだろうか。司会を担当したタレントの今田耕司は年明けに違う番組で、ものまね番組について「1年で1番やったらアカン日ですよ」とし、その理由として「裏で思いっきり本物出てる」とコメント。

これはすごく当たり前の意見に聞こえる。視聴者の意見とまったく同じだと言えるのではないだろうか。フジテレビと視聴者の感覚が少しずれているかもしれない、と感じた年越しだった。

▼今田耕司のコメント「1年で1番やったらアカン日ですよ」「裏で思いっきり本物出てる」

◇参考:大晦日の各局視聴率

35.2% 19:15-20:55 NHK 紅白歌合戦
41.6% 21:00-23:45 NHK 紅白歌合戦
18.7% 18:30-21:00 日テレ ガキの使い大晦日年越しSP
16.6% 21:00-24:30 日テレ ガキの使い大晦日年越しSP
5.5% 19:00-21:00 テレ朝 池上彰の学べるニュース
5.7% 21:00-23:45 テレ朝 池上彰の学べるニュース
6.7% 18:00-19:40 TBS 勝手にスポーツ国民栄誉SHOW
6.4% 19:40-21:30 TBS 勝手にスポーツ国民栄誉SHOW
4.2% 21:30-23:00 TBS 勝手にスポーツ国民栄誉SHOW
8.0% 17:00-21:30 テレ東 年忘れにっぽんの歌
4.2%  21:30-23:30 テレ東 ボクシングWタイトルマッチ
10.5% 18:00-19:00 フジ  爆笑そっくりものまね紅白歌合戦
5.7% 19:00-21:00 フジ  爆笑そっくりものまね紅白歌合戦
4.6% 21:00-23:45 フジ  爆笑そっくりものまね紅白歌合戦

これについてネットでは…

♥5.7%wwwww4.6%wwwwwwwいくらなんでも低すぎwwwww

♥フジテレビさんは言いました。「嫌なら見るな」と

♥嫌なら見るな→視聴率低迷。当然の結果と言える

♥嫌で見なくなった奴が排除されて真のフジテレビファンが残った結果だろ。つまり大勝利

♥「嫌なら見るな」が現実となったのでフジ社員は歓喜しているんだろ?wwwスポンサーは怒りに震えているんだろうけどw 良かったなwフジの言うとおりになってw おめでとうw

♥韓流ドラマSPでもやれば良かったじゃん。フジテレビによると人気があるんだろ?

♥>フジテレビと視聴者の感覚が少しずれているかもしれない、と感じた年越しだった。 ←だよなぁ。『史上空前のブームK-POP』祭りをすればよかったんだよ。担当センス無さ過ぎだわ

♥お台場から韓国に移して韓国から生中継にしたらいいよ

▼フジテレビ、お台場→韓国へ移転!?

♥このままおだてて韓流一色にさせたらマジ潰れんじゃねw褒め殺ろそうぜwww

♥「年忘れ★韓流大特集スペシャル」 韓国旅行特集!・ソウルからサランヘヨ!・韓国グルメ大特集!・コリアンエステ、コスメ特集・韓流スター勢ぞろいでカウントダウン! ←こんな感じで確かに無難に作れそうだなw 絶対見ないが。

♥開き直ってチャングンソク使った3時間ドラマでもやればよかったのに

▼チャン・グンソク

♥フジ糞つまんねーもん。白い巨塔再放送なら見てやるぞ

▼ドラマ『白い巨塔』より

♥>ものまね番組については「1年で1番やったらアカン日ですよ」とし、その理由として「裏で思いっきり本物出てる」とコメント。 ←つまりどういう事?

♥↑本当の紅白歌合戦がやってるのにわざわざ偽物見ないやろってことだよ。

♥↑新聞のテレビ欄見て間違いなく全員が思った事をきっちり代弁してくれたなwww

♥今田は正論

♥本人でないのに「マルモリ」はないわ

▼紅白での本物「マルモリ」&フジのものまね「マルモリ」

サッカーW杯日本戦の裏で芸能人フットサル大会やってるような感じ

♥ものまね番組自体、なんで放送してるのかよくわからないよな

♥むかしのものまねってそれしか取り柄のない芸人やタレントがでてたのに、いまのものまねってひな壇芸人が似せる気もなくカラオケして内輪でもりあがってるだけだよね

♥クリス松村のものまねやってクリス松村本人が登場するんだぜ。もうどうしていいかわからないよ

▼クリス松村

♥もうずっとトリビア流しとけ

▼『トリビアの泉』

♥トリビアすらつまらんかったな

♥↑石原さとみの唇は作りたい

▼『トリビアの泉』より「石原さとみのくちびるを食材で再現する方法:タピオカ粉10g、いちごみるく35cc、トマトジュース7cc、紫キャベツの煮汁1ccを加え固体にし、をたらこの皮でくるむ」

▼石原さとみ本人にも、なかなか好評のようです

♥窮地なのはフジだけじゃないんじゃないの?テレビ自体見なくなってきてる人多いでしょ。

♥まぁ、年末は紅白かガキ使の二択しかないよな。ものまねじゃなくてトリビア当てて来たら観てやったかもしれん

▼『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! ダウンタウンの大晦日スペシャル!! 絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時!』より

♥紅白の裏なんて最初から捨ててるだろ。テレ朝とかもできるだけ金使わずに池上使って7時間もやってたしな

▼『学べるニュース 大晦日年越し特大スペシャル』

♥格闘技やれば少しはましだったのに。石井対ヒョードルで最高視聴率10%は叩きだしたはず

▼IGF対DREAM対抗戦 石井対ヒョードル

♥今田はギャグ半分で言ったんだろうけど、実際なんで紅白の裏でものまねなの

♥どうせ勝てないから「敗戦処理」番組作った、ってわけでもないのか。まさか本当にそこそこ視聴率とれると思ってた?

♥↑敢えてパロディーやるフジぎゃはははおもしれーとかなるとでも思ってたんだろ。バブルの発想

♥↑TV局の上の連中ってまだバブル時代の感覚が抜けないらしいなw未だにセーターを腰とかに巻いてるヤツいるって話だ

♥大晦日は捨て枠だろ。まともに勝負にきてる番組なんて滅多にない。

♥↑紅白見ないやつもいるんだから最初から全部投げることはなかろ。ぼーっとつけてるだけなんだから「衝撃の結果はCM2回後で!」とかそりゃ紅白より論外やで

♥紅白の裏なんて元々捨て枠なんで、数字取ってる笑って~が異常なだけ。ただ、フジがこれまで持ってた基礎視聴率がガクンと減ったのは事実。たぶん4~5パーセントは減ったはず

♥最近のフジは、ネトウヨとか韓流とか関係ないところでもヤバいと思う。踊るとか位までは、金かけて回収するような王者のやり方でトップ取って来たのに、金ケチってそこそこの視聴率をみたいな事を言い出すようではもはや…。TV業界トップだからって言って入社したような連中が増えて、やる気の無い社員が増えたのかねぇ。

♥フジはさっさと踊る大捜査線超える作品作れや、そしたら見てやってもいいぞ

♥フジの番組は他局の劣化パクリばっかだからな。昔はパクっても金かけてパクってたけど、今は金ないからJINをパクることすらできない

♥フジって元旦あたりに一日中マルモの再放送してなかったか? いくら視聴率取れた良作ドラマでも正月に再放送見ねーよw

♥大晦日にプライドやってた頃がピークだったな。しかし大晦日にものまねとか、センスが古すぎて笑えない。番組制作能力なさ杉て放送局として完全にオワコン。なんでこんなに急速に衰えたんだろな

♥↑テレビ自体見る人間が減ったからだろ。だからNHKが伸びる、と言うより他の局が大幅に減って固定客の多いNHKの数字が残った。元々若者向けに番組作ってたフジは減り幅が大きいんだろうな。若年層からみりゃテレビなんてまさにオワコンだし。だもんで今更中高年向け路線に舵切ってるんじゃね。それも見切りが下手過ぎ&金に釣られて脳ミソ使う気もないごり押し韓流で大失敗かましてるけど

♥新春早々、生じゃないのにLIVE表示が地震でバレるわ、マルモリなんて曲とダンスだけ受けたのを勘違いしてドラマ再放送してるはでこのウジテレビは末期だな。もう取り返しのつかないところまで来ている。

フジテレビ、生放送なのに地震に触れない!「録画放送バレた」とネット上が大騒ぎ

♥↑終いにゃミタさんにあやかったドラマも始まる始末…

▼松嶋菜々子出演ドラマ『ラッキーセブン』

♥おもしろくないから仕方ないだろwガキ使もおもしろくなかったけどフジよりはマシだった

♥三冠王陥落はまじで痛いだろうな

▼2011年は日本テレビが三冠王に

♥そんで責任は全部出演者にかぶせる気だろうからな。大物は出演拒否しだすんじゃねーの

♥↑負のループだな

♥フジと関わりの深い松本、岡村、さんまって一緒に落ち目になったな

▼松本人志&岡村隆史&明石家さんま

♥マジでどういうつもりだったんだろう。まぁさすがにここまで悪いとは思ってなかったのかな

♥韓流云々は別にして負のイメージ付いたのが痛いだろうなぁ。ゆるやかなダメージは続くとおもう

♥昔はとりあえず8つけとけばなんか面白い番組やってるだろみたいな感じだったのにな。アンチでもなんでもないが普通につまらないよフジテレビさん

どうやらフジテレビがガチで窮地らしい

テーマ : 音楽   ジャンル : 音楽

2011/12/31 Sat  06:00
Google Chrome: Hatsune MikuのCM作ったのは電通じゃなく博報堂だったとはなんか納得

Google Chrome: Hatsune Miku (初音ミク)のCM作ったのは電通じゃなく博報堂だったとはなんか納得

テレビで見たこと無いけどWebで何度も見ています。

-------------------------------

Google「Chrome」新CMが「初音ミク」である理由を作った中の人に聞いてきた

2011年という年は、ひたひたと進行してきたYouTubeによるテレビをハックするという動きがいよいよひとつの形となってきた年であったと考えていいと思います。

とはいえ、その年の瀬になって「家政婦のミタ」の視聴率40%ってのが、同時にやってくるあたりが、2011年ってのはホントに面白い年だったんだなとじみじみしますね。

そして、まだ公開されたばかりにもかかわらずに、YouTubeを中心として、大きな注目を集めているのが(公開5日で100万回再生)、グーグルが作り出したブラウザー・ChromeのCMです。

そこで歌を歌うのは、2007年の登場から早4年、少なくともネットの世界では、世界の歌姫となった初音ミクです。

このCMを最初に見て、毎回見るたびに涙が流れそうになります。私は、このCMのなにに心を動かされたのでしょう。

それは、この動画が、私が今年出版した「みんなの写真」という本で、自分のパートを丸々使ってどうにか使えたいと思っていたことを、たった1分のCMに存分に語られているからだと気づいたのは、かれこれ20回以上は見た頃でした。

そう、この初音ミクによるChromeのCMを見て、私がたどりついた結論は、このCMは「みんなの動画」なんだ!、というものでした。

これはブログに書かなくては!と思ったものの、まずはみんなにシェアをしようと思い、ツイッター・facebook・Google+にこの動画について書き込み、特にグーグルプラスには「このCMを作った人たちにインタビューしたい。そしてお礼を言いたい」と書いたのです。

そして、グーグルプラスに書きこんで、ホントすぐに(たぶん10分も経ってなかったと思う)思わぬメールが私のグーグルアカウントに入りました。

「あのCMわれわれが担当しました。取材、いつでもどうぞー」

え!やるやる!

ということで、このインタビューはたぶん2クリックぐらいで、実現されました。ということで、続きをどうぞ。

この初音ミクによるChromeのCMを作られたのは、株式会社博報堂のインタラクティブクリエイティブ ディレクターの本山敬一さんです。

あの「Cam with me」を作られた方と言えば、その筋のみなさんには「おお!」という人も多いのではないかと思います。

私が時間を間違えたり、そもそも年の瀬ということで、かなりお忙しい中、このCMを作るまで、どう作っていったか、そして公開後のことなど、ホントにいろいろなことをお話してくれました。ありがとうございました。

ということで、その本山さんとお話したいろいろな話の中から、私になりに整理したものをお届けします。

あんまり味わえない濃密な時間のインタビューだったので、私もじっくり味わいなら書いてますので、みなさんもじっくりどうぞ。

【初音ミクをキャラクターとして使うのはやめようと思った】

ChromeのCMと一口にいっても、あのグーグルのそれもブラウザーのCMです。いわゆる商品説明のCMじゃありません。

とはいえ、ブランディングというのとも、ちょっと違います。また、このChromeのCMは今回はじめて行われているものではなく、過去にもいろいろなCMが作られています。

そして、その過去のCMを見ることができるページには、こんなことが書かれています。

More and more, the web is simply just part of your life and helps you get things done. See how people are using the web to do amazing things. The web is what you make of it.

ざっくり意訳しつつコメントを追加すると、このChromeのCMのシリーズというのは、Webで起きた素晴らしいリアルストーリーを紹介していくシリーズなわけです。

レディ・ガガやジャスティンは有名人の話ですが、他にも親子の話だったり、社会活動の話などもCMで使われています。

そして、初音ミクによるCMは日本限定のCMではなく、Chromeのグローバルな展開に位置づけられるものであり、じゃあそこには日本のWebの代表を出すしかないとなったときに、初音ミクが登場するのは、極めて自然な流れだったそうです。

そして、初音ミクでCMを作るということが決まったとき、本山さんが最初に考えたアイデアの中に、すでにこのChromeの初音ミクCMの最後に出てくる「Everyone, Creator」という言葉は決まっていたそうです。

そう、なぜ日本のWebの代表が初音ミクなのかというと、それは初音ミクがだれかが考えた1キャラクターではなくて、日本のWeb全体でみんなが生み出し、作り上げたものだからです。

本山さんが、初音ミクについていろいろと調べていく中で、2つの言葉を発見したそうです。

ひとつめは、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が経産省から表彰された際の表彰状に書かれた言葉。

 【ご報告】「平成23年度情報化促進貢献企業等表彰」における経済産業大臣表彰(情報化促進部門)を受賞いたしました! - ピアプロブログ.

表彰状
情報化促進部門
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 殿

貴社は人の歌声を表現できるソフトウェア「初音ミク」の成功によりインターネットに分散する個人の様々な才能を発揮する機会の拡大に寄与するなど我が国の情報化の促進に貢献しその功績は誠に顕著なものがあります
ここにその功績をたたえ表彰します

この表彰状の言葉、私が今読んでも、なかなかによくできたこの手の表彰状にあるありがちな言葉じゃありません。たしかに、すごくいい。

そして、もうひとつは、ロサンゼルスの初音ミクライブについて寄せられた多くのコメントの中にあった言葉。

あのステージには3万曲をつくったミュージシャンをはじめ、無数のクリエイターの魂がこもっている

初音ミク以降、同様のアプローチがいろいろなところからされても、どうしても初音ミクのようにならない理由がここにあります。

初音ミクにだけ、日本のWebの力によって、魂が入っているんですよね。

【クリプトン・フューチャー・メディアといっしょに作った】

このCMの制作にあたって、もちろんまずクリプトン・フューチャー・メディアに相談に行き、本山さんは、とてもシンプルなことを言われました。

「クリエイターをフィーチャーする内容ならオッケー」

つまり、初音ミクをタレントやキャラクターとして使ってくれるなということです。そのことは、「Everyone, Creator」という言葉を最後に持ってくるということを決めた時点で、願ったり叶ったりのことですから、ここからクリプトン・フューチャー・メディアの全面的に協力による作業が始まっていきました。

このCMで使われている曲、「Tell Your World」も、このCMに使う曲ならkzさましかないということで、クリプトン・フューチャー・メディアと相談しながらで決めたとのことです。

【出演している人たちは、全員初音ミクにコミットしている人たち】

このCMには、総勢100人程度の人たちが出演しています。このみなさんに共通しているのは、みなさん初音ミクにかかわってきた人たちだということです。

 Google ChromeのテレビCMに「初音ミク」がとりあげられました! - ピアプロブログ.

みなさまのお力で、このCMは実現することができました。

約4ヶ月という制作期間のことを考えると驚異的なことですが、このみなさんはもちろん全員、このCMに自分が出演することを許諾されています。

初音ミク界隈において、有名な人も無名な人も混ぜるということも最初からコンセプトとしてあり、これも、クリプトン・フューチャー・メディアの協力があって、はじめて実現できたことです。

【世界中から声が集まってきている】

公開後、日本では各所から記事がアップされました。

Google「Chrome」の新CM、“初音ミク”が登場……初の日本代表アーティスト (RBB TODAY) - Yahoo!ニュース.
初音ミクがGoogle ChromeのCMに! 100人近いクリエイターとのコラボ - はてなブックマークニュース.

と同時に、主にクリプトン・フューチャー・メディアのツイートから海外にも広まっていき、海外の初音ミクファンからの反応が数多く寄せられたそうです。

「これこそ、ボーカロイドの本質」・「これがWebなんだ!」というコメントがついたとき、本山さんは、自分たちが作ってきた方向が間違っていなかったと確信したそうです。

他にも、「これChromeじゃなくて、初音ミクそのものCMじゃない?」というコメントもあったそうです。

これについては、ウェブはあなたがつくるものであり、ミクはみんなが作ったんだから、そう受け取る人がいるのも理解できるということでした。

そう!だって、このCMはそういうCMですからね。

これらのお話を聞いたあと、私はもう1度、実際は50回ぐらい、Chromeの初音ミクCMを見直しました。

そして、やぼなことだと思いつつも、秒数別に分割して考えてみました。

まずは、シーンで分割してみました。

▼シーン分割
 00~23秒:初音ミク誕生から黎明期
 24~40秒:ミクが一気に拡大
 40~45秒:LAでのライブシーン
 44~60秒:初音ミクを世界の歌姫に押し上げたのは、みんなの3万曲とWebの力

次に曲の歌詞で分割してみました。

▼歌詞分割
 00~23秒:イントロから「♪解き放つのー」まで
 24~40秒:「♪君に伝えたいことがー」
 40~45秒:「♪あーあー」とライブの歓声
 44~60秒:「♪あーあー」とライブの歓声から拍手

見事にシーンと歌詞が一致しています。

そして、同時に、実はこのCMは大きくは2部構成になっていることがわかります。

前半は40秒まで、後半は40秒からはじまるライブシーン以降です。

そして、この前半と後半のテーマは、そのまま制作の中で、本山さんが見つけた言葉に呼応しています。

前半:「インターネットに分散する個人の様々な才能を発揮する機会の拡大に寄与」

後半:「あのステージには3万曲をつくったミュージシャンをはじめ、無数のクリエイターの魂がこもっている」

これに気づいたとき、やっと私はこのCMが私の心を打った理由がわかった気がしました。

そう、Webはそれにかかわる私たち次第なんです。わたしたちがどうWebに向きあうかで、Webはそれぞれの物語をわたしたちに提供してくれます。

その美しい物語のひとつが、この1分の中に込められていることが、Webにかかわったことがある人なら、がつん!と伝わってくる。

このがつん!が感激と歓喜を呼び起こすんです。

さて!

余談ですが、このエントリー、実は書くのに、ちょっと時間がかかりました。なんていうんでしょうか?

ごちそうすぎて食べたくない!

そういう気持ちってわかりますか!?なので、書き手としては、このエントリーは今年のベストエントリーです。

私の最高の時間のひとつは、やっぱりWebからやってきました。今年もWebにありがとう。

http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/chrome-miku.html

-------------------------------

Google Chrome: Hatsune Miku (初音ミク)


http://www.youtube.com/watch?v=MGt25mv4-2Q

--------------

Packaged (Vocaloid Hatsune Miku, Original song)


http://www.youtube.com/watch?v=M8gIMfyV4Mg

--------------

[hatsune miku,len,rin,luka][MMD CUP 7 Final]Continuation of dream [English subtitles] [HD1080p]


http://www.youtube.com/watch?v=h_xHCx0Eqbg

--------------

VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU

テーマ : 気になったニュース   ジャンル : ニュース

2011/12/25 Sun  06:03
「ミクの日大感謝祭」の新春特別番組が放送決定 2012年1月3日放送


やっぱり東京都が株持っているTokyoMXTV凄いと思った。

他のテレビ局より全然いいよね。

MX見たいから地デジテレビ買おうかな。。。

-------------

初音ミク特番「ミクの日大感謝祭 紹介しちゃいますよ 1時間スペシャル!」

正月にテレビで「初音ミク」特番!「ミクの日大感謝祭 紹介しちゃいますよ 1時間スペシャル!」放送決定

インサイド 12月21日(水)19時15分配信

セガは、TOKYO MXにてスペシャル番組「ミクの日大感謝祭 紹介しちゃいますよ 1時間スペシャル!」が2012年1月3日21時より放映されることが明らかになりました。

国内・海外で多くのファンを熱狂させてきた「初音ミク」のコンサートイベント。2012年3月8日・9日はTOKYO DOME CITY HALLにて「ミクの日大感謝祭」と銘打たれた夢の2日間公演が決定しています。

イベントに先駆け、2012年1月3日TOKYO MXにて、新春を飾る超スペシャルな1時間番組「ミクの日大感謝祭 紹介しちゃいますよ 1時間スペシャル!」が放映されることが決定しました。

■ミクの日大感謝祭 紹介しちゃいますよ 1時間スペシャル!
放送日時:2012年1月3日21時~
放送局:TOKYO MX

「MIKUNOPOLIS in LOS ANGELS」「初音ミクライブパーティ2011(ミクパ)」から伝説のライブ映像が39分間一挙公開されるほか、番組独自の「ミクの日大感謝祭」ライブ制作現場潜入レポートとしてライブ関係者への独占インタビューをお届け。更に初公開となる2011年11月に開催された「シンガポール公演」の様子など盛り沢山な内容となっています。

3日21時(みっか・くじ=ミク)は、テレビでミクコンサートをぜひご覧ください。

(C)SEGA / (C)Crypton Future Media, Inc.
Organized by SEGA/MAGES.

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111221-00000020-isd-game

テーマ : お気に入りアーティスト   ジャンル : 音楽


      

プロフィール

けんさん

Author:けんさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。